校章
  3つの○の中は、サ・カ・ダ の校名を表し、

  3つの○は、知・徳・体の調和のとれた人格
  形成を表し、

  左右からの角は溶鉱炉の火を具現し燃えた
  ぎる炎の如く情熱的に、手をたずさえ支えあ
  って立派な社会人として育つことを願い、

  全体が 「小」 に通じる形をとっています。


          (昭和49年 制定)



校歌
                                            阪田 寛夫 作詞
                                            市川都志春 作曲
1.丘に立てば海の風 工場と船とかもめたち
        波の輝くその果てに 広い世界が待っている
さがそうよ さがそうよ あしたの虹を
  高く目をあげて 坂田の子どもたち
 2.耳をうつは松の風 すずしい声でよびかける
         水とみどりのこの町に みんな大きく伸びてゆけ
 かんがえて かんがえて みがこう智慧を
 深く根をはって 坂田の子どもたち


3.雪も雨も嵐にも まけずにたえて若木たち
          こころひとつに助けあい あすのみのりを育てよう
たしかめて たしかめて 一すじの道
    いまぞいざすすめ 坂田の子どもたち